ひらめの日常

プログラミングと読書と

Macのストレージ不足を解決

まずはこちらのサイトを参考にしました。 qiita.com

調べる

以下のコマンドで5GB以上のファイル・ディレクトリを出力します。

$ sudo du -g -x -d 5 / | awk '$1 >= 5{print}'
...
5   /usr/local/texlive/2017/texmf-dist
5   /usr/local/texlive/2017
6   /usr/local/texlive
...

Tex環境削除

どうやらtexの環境が容量を食っているようなので、texの開発環境を削除します。
最近ではoverleafを使っているので、ローカルでのtex環境はいらない状態になったためです。

自分はこれで5GB程度空きました。 qiita.com

Homebrewキャッシュ削除

次にhomebrewのキャッシュを削除します。
Homebrew でキャッシュを cleanup する方法 | gotohayato

まずはbrewで管理しているライブラリのうちで、異なるversionのものが入っている可能性があります。自分はgccのversionが3つほど入っていたのでそれを削除しました。
cleanupコマンドで、指定したライブラリに対して最新版以外のversionを削除を実行します。自分はこれで1GB程度空きました。

よくcleanup -sで全て重複しているものを削除する方法を見かけますが、pythonなどは異なるversionのものが必要でインストールしているので、自分は実行しませんでした。

$ brew list --versions
$ brew cleanup gcc

次にbrewがキャッシュしているdisk imageへのpathを調べ、そのpathのディレクトリを削除します。
自分はこれで1GB程度空きました。

$ brew --cache
~/Library/Caches/Homebrew
$ rm -rf ~/Library/Caches/Homebrew

Anaconda関連

こちらのサイトを参考にしました。 weblabo.oscasierra.net 自分は不要な環境がpy2.7という名前で存在していたので、その環境を削除します。

$ conda remove -n py2.7 --all

次に、不要になったパッケージやキャッシュを削除します。

$ conda clean --all

以上二つ合計で2GB程度空きました。

AndroidStudio関連

こちらのサイトを参考にしました。
https://tm23forest.com/contents/androidstudio-diskspace-reduction

特に3つめのエミュレータとシステムイメージは容量がでかいので一つ削除するだけで5GB程度確保することができます。

  • gradleファイルのキャッシュ削除
  • 古いSDK Toolsの削除
  • 使用していないエミュレータとシステムイメージの削除